そこは雪の止むことのない純白の街。 ようやく辿り着いた安息の地に、無数のきらめきが舞い降りる…
ROサイトマスコット
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
絵見る、苦労に来る
2007-06-21 Thu 08:10

 
優希:
はわぁぁぁ…


勇気:
うわっ、姉貴何て顔してんだよ


優希:
だって、こんなにも可愛いんだも~ん


恍惚とした表情の優希が眺めるのは、パソコンのモニタだった。

勇気:
それは認めるが…姉貴ハマりすぎだぞ


優希:
え~~、最初に勧めたのは勇気じゃないのよぅ


勇気:
そ、それは…そうなんだが…


渋い顔をしながら、勇気は先日の事を思い返していた。
 

絵見る、苦労に来る の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ゲームのこと | コメント:0 | top↑
走れ!翼を持つ者たちよ
2007-06-19 Tue 13:00

 
ある休日の昼下がり。
…とはいっても雪のやまないこの街では多少明るい程度だが。

優希:
あれ? 勇気どうしたの?
そんな難しい顔をしちゃって…


勇気:
……ふむ


勇気がにらめっこしているのは、先日友野からもらったパソコンのモニタに映る映像だった。
 

走れ!翼を持つ者たちよ の続きを読む
別窓 | ゲームのこと | コメント:0 | top↑
想えども想えども 後編
2007-06-11 Mon 08:01

 
空の色が白から黒に段々と変わってくる。
普通の土地であれば辺り一面が朱色に染まる時間帯だが、この街に限ってはグレーに埋まるのだ。

勇気:
……


学校から帰っていた勇気は、何もせずただぼーっと舞い落ちる雪を眺めていた。

(じゃあね、バイバイ。)

涙をこぼしながら気丈に笑顔を見せていた優希。

勇気:
姉貴……くそっ。


忌々しげに舌打ちする勇気。
だがそれは、自身に向けられたものだった。
 

想えども想えども 後編 の続きを読む
別窓 | 双子のこと | コメント:0 | top↑
想えども想えども 前編
2007-06-07 Thu 18:40

 
勇気:
姉貴、ちょっといいか?


優希:
ほぇ?あ、うん。いいよぉ~


勇気に呼び出されて優希はそばに駆け寄る。

優希:
どうしたの?勇気。


勇気:
朝これ持ってくの忘れたろ。ほら。


勇気が手に持つのは、ピンク色の可愛らしい布に包まっている小箱だった。
 

想えども想えども 前編 の続きを読む
別窓 | 双子のこと | コメント:0 | top↑
その小箱、凶暴につき
2007-06-06 Wed 13:03

勇気:
よっと、はー重い重い。


大きな箱を抱えて帰ってきた勇気を出迎える優希。

優希:
勇気おかえり~…って、その箱はなぁに?


勇気:
見てのお楽しみだ。


優希:
???


不思議そうな顔をして見つめる優希を他所に、勇気は手早く開梱していく。
 

その小箱、凶暴につき の続きを読む
別窓 | 双子のこと | コメント:0 | top↑
陽だまりと少女と
2007-06-04 Mon 13:00

勇気:
ん、やっと晴れたな。


優希:
ぴっかぴかのお日様だよ~♪


如何に常雪の街とはいえ、晴れる事は当然ある。
今日はひと月に数日あるかという晴れの日だった。

勇気:
んじゃあ、俺は買い物行くから姉貴は洗濯よろしくな。


優希:
うん!わかったよぉ~


そういうと、いつもの特大リュックを背負って勇気は街に出掛けた。
 

陽だまりと少女と の続きを読む
別窓 | 双子のこと | コメント:0 | top↑
あらしのよるに
2007-06-01 Fri 08:38

――ヒュォォォォ…

優希:
ふわぁ…すごい雪だねぇ


窓の外を猛烈な勢いで真横に飛んでいく欠片たちを見つめて、優希はうれしそうに言う。

勇気:
雪は雪でも吹雪っつうんだって…


優希:
ほぇ?そうなんだぁ~


勇気:
これじゃあ買い物にも行けねぇ…買い溜めしとくんだったな。


優希:
食べ物、なくなっちゃの?


勇気:
ああ、昨日のスープでこの通りだ。


勇気が戸棚を開放して見せると、確かにすっからかんだった。


あらしのよるに の続きを読む
別窓 | 双子のこと | コメント:0 | top↑
| 雪の舞い降る街 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。