そこは雪の止むことのない純白の街。 ようやく辿り着いた安息の地に、無数のきらめきが舞い降りる…
ROサイトマスコット
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
なぞの画用紙 その1
2007-05-27 Sun 17:56


優希:
あれ?これは…


勇気:
ん?どうした、姉貴。


優希:
こんなところに紙なんて落としたかなぁ…


優希が不思議そうに摘むのは、一枚の紙切れ。
今日は引っ越して初めてのお掃除の日なのだ。

ちなみに、「お掃除の日」を決めたのは、
意外にも勇気の方だった。



優希:
あ、ウラにこんなのが描いてあるよ?


勇気:
どれどれ…


勇気が優希の華奢な指から紙を取り上げて見ると、そこには…

暇に任せて…


勇気:
…何じゃこりゃ。


優希:
あ、下のほうに何か書いてあるよ~


勇気:
何て?


優希:
えっと…
『時々描いてくから置いといて下さい。ヨロシク!
 by友野』
だって…なんだろうね?


勇気:
気にしたら負けだ…


優希:
ほぇ?


こうして、双子の家には妙な絵の保管箱が置かれる事になった。

スポンサーサイト
別窓 | イラストのこと | コメント:0 | top↑
<<眠れぬ夜は | 雪の舞い降る街 | 欠片は来訪者を迎え>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 雪の舞い降る街 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。